オープン前のリードメール発見

ここでは、オープン前のリードメール発見 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新着リードメールの探し方
今日、ちょっとした裏ワザを発見しました。
裏技というより、私が今まで気が付かなかっただけかも


私は今までオープン前の新着リードメールの発見方法として
WHOISで根気良く、ドメインが取得されてるか調べていました

日本語リードメールの今までの傾向だと
ドメインを見ると○○○mail、○○○-mail、○○○pointなど
特に○○○mail、○○○-mailが多いかな・・・

○○○を色々と適当に考え、whoisを使い
ひとつずつ、ドメインが取得されていないか・・・
取得されてたら取得者が日本人か?取得日は?など

WHOISはCID系30連発の時、数箇所はこれでヒットしたけど


whoisで便利なのがここhttp://whois.ansi.co.jp/


それと、海外系のサイトを使い
とある海外系のサイトは、登録数順に並んでいて

リードメールの運営者がオープン前にテストで運営者自身が登録すれば
運が良ければリストに上がって見つかる

CID系のリードメールでは使えないですけど
CID系だと、ひたすらWHOISで根気良くかなぁ


私の探し方は、こんな風に探していたのですが

今日、海外系サイトで発見しました。
ドメインの一部分を入力すれば、その文字を含んだリードメールが検索できるのを

たとえば、jpで検索すればjpを含んだリストが出てくる
asianmail.jp
dog-da-one.jp
dreamc.jp

すでにオープンしているリードメールや日本以外の海外リードメールも
リストに含まれるので、そこから日本の新着を発見しなくちゃいけないのですが
WHOISで根気良く探しまくるより楽に探せる気がします



私、新着リードメールが出るたびに
ローテーションやサイド、フッターで広告を出しています。

オープンの時は、皆がダウン欲しくてメールを出しまくるので
そのサイトはアクセス増大。そこのトップページに広告を貼れば
多少のアクセスは流れてくる。皆と逆の発想をしています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
エプロン通販
エプロンの検索サイト。保育士、作り方、キャラクター、カフェエプロン、型紙などエプロンに関する各種情報をお届けしています。 http://toystorty.hartmerrell.com/
2008/11/30(日) 06:34 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteibusiness.blog5.fc2.com/tb.php/111-806027b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。